医師向けに薬を発売出来るのは信頼の証

医薬品を開発する為には基礎となる研究を数年間を掛けて行い、マウス等に医薬品を投与して問題が無い事が確認されてから、初めて特定の病を患っている人を集めテストが行われます。
これを、一般的に治験と言います。
それは治験という段階から有効な効果から主な副作用、あるいは稀有な副作用までのデーターを採り、医薬品の安全性を確認する為に行われる必要な工程と言えるでしょう。
世界の国々でも薬品メーカーがこの治験を行っているのでしょうが、日本の治験及び、医薬品の認可を最終判断出来る厚生労働省のチェック体制は厳しすぎると言われている様です。
しかしベストケンコーの様な業者が提供している薬の中で、世界レベルでは当然の様に入手出来ている医薬品でも、日本国内の医療機関から入手出来ない薬も存在します。
それは、ある意味医薬品を安全に日本人に提供する為には、必要な事なのかも知れません。

とはいえ、余りにも時間が掛かりすぎればその意味は半減、あるいは無くなってしまう可能性があります。
ですからベストケンコーの様な個人輸入代行業者では、海外の製薬メーカーで開発され100カ国程度で使用されている実績のある薬であり、かつ長年に渡り使用されている実績のある医薬品であるなら比較的安全性は高いと考えられます。
そうすれば、薬剤を自分コントロールしながら、自分で治療をする事も不可能とは言えなくなるでしょう。
また、医薬品である限り何らかの副作用が出るのは仕方の無い事ですが、それに対する方法が無い訳ではありません。
例えば、ピルカッターやナイフ等で錠剤を割って、樣子を見るという方法があります。

あるいは一日おき、あるいは二日おきに飲む等のスケジューリングをして、カレンダー等に書き入れておくという方法でも、良いかも知れません。
また、服薬している薬がどうしても当人の身体に合わないという場合には、別の薬を試して見る方法で、症状が改善される可能性もありますから試してみる価値はあるでしょう。
個人輸入品というと偽物の薬や、信頼出来ない薬を販売している業者もあると聞きますが、ベストケンコーであれば100%正規品を発売しています。
それを信用する手掛かりとしては、病院やクリニックに対して医薬品の販売を始めた事にあります。

この場合、ベストケンコーの会員になる事が条件になりますが、何らかの薬を50箱以上纏めて購入したいという場合は、問い合わせリンクから連絡を取れば、ボリュームディスカウントも可能であるという事です。
勿論、医療関係者以外の一般向けにも医薬品の販売をしています。

購入方法は、インターネットにアクセス可能なパソコン等の端末を用意して、ベストケンコーのWEBサイトにアクセスして下さい。
そして、画面左端のカテゴリー分けしたリストから選んで行くか、あるいは薬の名称が判っているのであれば画面左上の上方の検索フィールドに、その名称を投入して検索を実行すれば、目的の商品が画面に表示されるでしょう。
後は、レジを進むと書かれたボタンをクリックしていき、個人情報やクレジットカードの番号等を投入していけば良いので、特に難しい事は無いでしょう。